お守り刀展覧会

お守り刀展 岡山高島屋

会期:平成30年4月25日(水)→5月1日(火)※最終日は午後3時閉場。
時間:午前10時~午後7時(金・土、祝前日は全館午後8時まで営業)
会場:岡山高島屋7階美術画廊
〒700-8520 岡山市北区本町6-40 TEL086-232-1111

ーごあいさつー
太古の昔、人々は「刀」に、悪霊、物の怪を払う霊力があると信じていました。平安時代の「栄華物語」には、天皇から御子のお湯殿の儀式に、「御剣(みはかし:お守り刀)」を贈られたとあります。子供の成長を願い、愛する人を目に見えぬ魔性から守ってほしいと言う祈りは、連綿と現在に続いています。現代刀工の精魂込めて鍛え上げた「お守り刀」。この機会にご高覧くださいますようご案内申しあげます。
全日本刀匠会会長 三上貞直

□ギャラリートーク開催□
■4月28日(土)上山輝平刀匠
■4月29日(日・祝)川崎晶平刀匠
各日午後1時30分から約30分

 

第12回お守り刀展覧会

終了いたしました。ご来場ありがとうございました。

次回は平成30年秋に開催予定です。

■開催日時
2018年2月6日(火)~3月25日(日)
林原美術館


【審査結果】

文部科学大臣賞

上山陽三 氏(岡山県)

総合の部

一席・入賞:ワコースポーツ・文化振興財団賞:加藤賀津雄 氏(岐阜県)
二席・入賞 :山陽新聞社賞:根津 啓 氏(長野県)
三席・入賞:林原美術館館長賞:久保善博 氏(広島県)
四席・入賞 :全日本刀匠会賞:藤澤良吉 氏(香川県)
佳作:木村光宏 氏(熊本県)

刀身の部

一席・特賞 :岡山県知事賞:上山陽三 氏(岡山県)
二席・特賞:坂城町長賞:加藤賀津雄 氏(岐阜県)
三席・特賞 :熊本県教育委員会賞:月山一郎 氏(奈良県)
四席・入賞:テレビせとうち賞:根津 啓 氏(長野県)
五席・入賞:熊本放送賞:木村光宏 氏(熊本県)
六席・入賞:全日本刀匠会賞:河内一平 氏(長野県)
七席・入賞 :全日本刀匠会賞:久保善博 氏(広島県)
八席・入賞 :全日本刀匠会賞:松葉一路 氏(宮崎県)

外装の部

一席・特賞:熊本県知事賞:藤澤良吉 氏(香川県)
二席・特賞:岡山県教育長賞:久保善博 氏(広島県)
三席・入賞:島田美術館館長賞:木村光宏 氏(熊本県)

特別賞

日立金属賞:上山陽三 氏(岡山県)
駐日ポーランド共和国大使賞:上山陽三 氏(岡山県)

(参考)駐日ポーランド共和国大使賞について
在広島ポーランド共和国名誉総領事館(広島市、名誉総領事:山下 隆・中国電力㈱相談役)では、本年5月の開設以来,日本とポーランドの経済的・文化的交流の促進に向け尽力しており、この一環として、特別賞「駐日ポーランド共和国大使賞」が贈呈されます。
この「駐日ポーランド共和国大使賞」の決定にあたっては、本展覧会に応募のあった作品のうち、優れた作品数点がヤツェク・イズィドルチク駐日ポーランド共和国大使に推薦され、その中から同大使により選出されています。

(参考)日立金属賞について
重要無形文化財保持者を除く、審査員・招待出品を含む全作品の内、特に優秀な作品を1点表彰する。投票は出品審査員を除く全審査員の投票によりおこなう。投票数が過半数を得る作品が出ない場合、最下位の作品を足切の上再投票を行う。

[文部科学大臣賞、刀身の部一席 岡山県知事賞、特別賞 日立金属賞、特別賞 駐日ポーランド共和国大使賞]
上山 陽三(岡山県)短刀 銘 輝平 刃長27.0cm 反り0.4cm


第十一回 お守り刀展覧会受賞者
第十回 お守り刀展覧会受賞者
市民審査員賞 発表
第九回 お守り刀展覧会受賞者
第八回 お守り刀展覧会受賞者
第七回 お守り刀展覧会受賞者
第六回 お守り刀展覧会受賞者
第五回 お守り刀展覧会受賞者
第四回 お守り刀展覧会受賞者
第三回 お守り刀展覧会受賞者
第二回 お守り刀展覧会受賞者
第一回 お守り刀展覧会受賞者

ページ上部へ戻る