お知らせ

第十一回お守り刀展覧会 開催要項

趣旨:日本刀は、古来より作刀・刀剣研磨・木工芸・金工・漆芸・組紐と日本伝統美術工芸の粋を集めて製作されてきた。本来の日本刀は刀身だけではなく、それを納める外装を含めた全体の総称として考えるのが自然な姿と捉えられている。今回、全国の刀匠・刀職者から作品を募り、刀剣に関係する伝統技術の継承と向上を図ると共に我が国の伝統に基づく刀剣作品のうちから優秀なものを選んで展示し、我が国伝統工芸の健全な発展に寄与することを目的とする。

名称:第十一回お守り刀展覧会 
主催:お守り刀展覧会実行委員会、全日本刀匠会、備前長船刀剣博物館、瀬戸内市、瀬戸内市教育委員会、坂城町鉄の展示館
共催:岡山県、坂城町、山陽新聞社・テレビせとうち(長船会場)、信濃毎日新聞社(坂城会場)
後援:文化庁、長野県、岡山県教育委員会、長野県教育委員会、坂城町教育委員会、公益財団法人さかきテクノセンター
開催日時: 平成28年 9月17日(土)~10月30日(日)(長野会場)
平成28年11月10日(木)~平成29年 1月22日(日)(長船会場)
会場:坂城町鉄の展示館(長野県埴科郡坂城町坂城6313-2)
備前長船刀剣博物館(岡山県瀬戸内市長船町長船966)

内容:
1.刀職者製作による新作刀剣(40cm以下)
 ・外装を公募、審査・表彰・展示する。(刀剣は必ず登録証にて出品のこと)
 ・出展作品を総合、刀身、外装の3部門にて審査、優秀作品を表彰する。
 ・賞(賞状:賞金)詳細は別定
 ・申込締め切りは7月26・27日。審査日は7月28日、29日。審査規程は別定。

2.参考出品展示品を展示する。
入場料: 坂城会場:大人500円
長船会場:大人500円、大・高校生300円、中学生以下無料
その他: 開会式、長野分表彰式は9月17日坂城会場にて
岡山県分表彰式は11月10日長船会場にて

私たちは全日本刀匠会を応援しています









SUDACCI「絵の力」















(50音順)

最近の記事















SNS



ページ上部へ戻る