これまでの催物情報

頼山陽史跡資料館特別展「現代刀の魅力」

広島県の三上貞直刀匠や久保善博刀匠を中心とする現代屈指の刀匠たちの優れた作品を紹介し、古刀にはない現代刀の魅力を、刀匠たちの「技と心」に迫ります。
開催日時: 平成27年7月14日(火)~8月30日(日)
会場:頼山陽史跡資料館 〒730-0036 広島市中区袋町5-15
TEL/FAX:(082)298-5051
開館時間: 9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(ただし祝休日は開館)
料金:一般 300円(240円) 65歳以上 240円 小・中・高生 150円(120円)
( )内は15名以上の団体料金
展示解説会: 7月18日(土)・8月8日(土) いずれも13時30分~
解説 当館学芸員・出品刀匠

協賛イベント:
【解説終了後なりゆきアフター交流会】

開催日:8月8日(土)午後1時30分~の展示解説終了後、午後2時30分~4時30分頃まで

内容:
1.会場で、作品を前に、さらに突っ込んだ質問や、刀剣の見方を体験
2.喫茶店などに会場を移動、ティータイムおしゃべり交流会。
3.時間のゆとりのある方のために、目下おまけの見学会を企画中

参加費:入館料+喫茶店での各自の飲み物代
参加資格:老若男女国籍を問わずどなたでも(但し外国語はできません。通訳ができる方とお越しください)
問い合わせ:頼山陽史跡資料館 TEL:082-298-5051 gaishi@raisanyou.com

ページ上部へ戻る